相続登記とは

  不動産を所有している方が亡くなった際、不動産の名義を相続人に変更する登記をいいます。
  相続分どおりに登記する場合、遺産分割協議に基づいて登記する場合、遺言に基づいて
  登記する場合などがあります。
  なお、相続分どおりに登記するのは暫定的な措置であり、後日のトラブルを避けるという
  観点からは、特別な事情がない限り遺産分割協議等を行い、単独名義で登記することを
  お勧めいたします。

相続登記の時期

  相続登記をしなくても罰則はなく、また、いつまでにしなければならないという期限もありま
  せん。
  ですが、遺言や遺産分割協議等で権利関係が確定していても、それを登記しないまま放置
  しておけば、後で無用のトラブルに巻き込まれるおそれがありますし、その際、登記を
  怠っていたことが不利益に働く場合もあります。
  また、相続登記をする前に相続人の一部が死亡して二次相続が発生してしまうと、関係者が
  増え、手続が煩雑になる場合もありますので、早めに済ませることをお勧めします。

▲このページのトップに戻る