生前贈与対策

 生前贈与とは、被相続人が死亡する前に、自分の財産を推定相続人などに分け与えることを言います。

 これは、遺産となるであろう財産を、生前に贈与することによって、将来負担すべき相続税を少しでも抑えるために利用される相続税対策の一つといえます。

 しかし、生前に贈与する場合でも、場合によっては多額の贈与税が課されることもありますので、ご自分の財産をしっかり把握した上で、計画的に贈与をする必要があります。

 そして、相続税を抑えるための生前贈与としては、以下のような方法・制度が考えられます。

 1 贈与税の1年間の基礎控除額である金110万円以内の連年贈与

 2 配偶者控除制度を利用した生前贈与

 3 住宅取得資金贈与の特例制度を利用した生前贈与

 以上のような生前贈与対策が考えられますが、いずれの制度についても、その制度を利用するためにはさまざまな要件がありますので、生前贈与によって相続税を抑えることをお考えの方は、お早めに税理士に相談されることをお勧めします。

▲このページのトップに戻る