相続人の範囲についてQ&A

相続が開始された時、誰に権利(または義務)があるか?

誰と遺産分割の協議をしなければならないか?

※相続人の範囲は、被相続人が亡くなった時点を基準に判断します。

Q1 誰が相続人となるか教えて下さい。


配偶者

常に相続人となります。内縁は認められません。

常に相続人となります。実子・養子は問いません。子が先に亡くなってしまっている場合はその子(被相続人の孫)や孫(被相続人のひ孫)が相続人となります(代襲相続)。

直系尊属(親、祖父母、曾祖父母)

子や孫やひ孫がいない場合に相続人となります。被相続人に血縁の近い者が優先されます(親>祖父母)。

兄弟姉妹

子(孫・ひ孫)も直系尊属もいない場合に相続人となります。兄弟が先に亡くなっている場合はその子が相続人となります(代襲相続)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q2 各相続人の取り分はどのようになりますか?

A:各相続人が遺産のうちどれだけ取得するかは、民法に法定相続分が規定されており、遺言書に特段の指定がない限り、この法定相続分が適用されます。

 

ケース

法定相続分

配偶者のみ

配偶者=1

配偶者と子

配偶者=1/2   子=1/2

配偶者と直系尊属

配偶者=2/3   直系尊属=1/3

配偶者と兄弟姉妹

配偶者=3/4   兄弟姉妹=1/4

子のみ

子=1

直系尊属のみ

直系尊属=1

兄弟のみ

兄弟=1

  ※ 子、直系尊属、兄弟姉妹が複数名いる場合は、人数で等分します。

    ただし、婚外子、腹違い又は種違いの兄弟の相続分は、他の子、兄弟の半分となります。

Q3 誰が相続人か分かりません(親族関係図が書ける場合)。

A:以下の手順により確認できます。ここでは、配偶者がいる場合を想定していますが、配偶者がいない場合も同様の手順で確認できます。

  @子どもはいますか?

   はい→子どもがいる場合、子どもが相続人となります。相続人は配偶者と子どもであり、調査はここで終了です。ただし、現存している子のほかに、被相続人より先に亡くなった子がいる場合は、その子の子(被相続人の孫)も相続人となります(代襲相続)。詳しくはQ5をご参照下さい。

   いいえ→Aに進んで下さい。

  A孫・ひ孫はいますか?

   はい→被相続人の子どもが被相続人よりも先に亡くなっている場合、その子に子(被相続人の孫)がいれば、その孫が相続人となります(代襲相続)。相続人は配偶者と孫であり、調査はここで終了です。孫も亡くなっていてその子(ひ孫)がいる場合は、そのひ孫が相続人となります。

   いいえ→Bに進んで下さい。

  B(被相続人の)両親は健在ですか?

   はい→子、孫、ひ孫のいずれもいない場合、両親のどちらかでも健在であれば、その親が相続人となります。相続人は配偶者と親であり、調査はここで終了です。

   いいえ→Cに進んで下さい。

  C祖父母・曾祖父母は健在ですか?

   はい→両親のいずれも他界している場合、祖父母のどちらかでも健在であれば、祖父母が相続人となります。相続人は配偶者と祖父母であり、調査はここで終了です。祖父母も他界していて曾祖父母が健在の場合は、曾祖父母が相続人となります。

   いいえ→Dに進んで下さい。

  D兄弟はいますか?

   はい→子、孫、ひ孫、両親、祖父母、曾祖父母のいずれもいない場合は、兄弟が相続人となります。相続人は配偶者と兄弟であり、調査はここで終了です。ただし、健在の兄弟のほか、亡くなってしまっている兄弟がいる場合は、その子(被相続人の甥・姪)も相続人となります(代襲相続)。

   いいえ→Eに進んで下さい。

  E兄弟の子はいますか?

   はい→その子が相続人となります。なお、兄弟の子も亡くなっていて、さらにその子(兄弟の孫)がいる場合でも、兄弟の孫は相続人になりません。

   いいえ→配偶者のみが相続人となります。

 

Q4 誰が相続人か分かりません(親族関係図を書けない場合)。

A:上記Q3による相続人の確定は、被相続人の子(養子を含む)、孫、両親、兄弟等を正確に把握できていることを前提としています。その点が曖昧なまま遺産分割協議を行ってしまうと、万一後で協議に参加しなかった相続人の存在が発覚した場合、せっかく行った遺産分割が無効となってしまうこともあります。そのため、相続人の確定を行う際には、戸籍によって親族関係を確認する必要があります。特に親族の数が多かったり、生前の関係が希薄な場合は、専門家に戸籍調査を依頼することをお勧めいたします。

▲このページのトップに戻る